1. 資料が欲しい、問い合わせ、連絡先は・・・
(有)アイエスシーまたは第一製網㈱まで、FAXまたはメールでご連絡下さい。希望される資料の内容、お客様の住所・氏名・電話番号・FAX番号・E-mailなどをご連絡下さい。

連絡先

㈲アイエスシー TEL/FAX 0942-75-3667
         福岡県小郡市大保1017-5 〒838-0115
        E-mail: is1960@gold.ocn.ne.jp

第一製網㈱   TEL 0968-62-1161 FAX 0968-64-1684
        熊本県荒尾市増永1850 〒864-0032
        E-mail: info@seimo.co.jp

2. KW21を原液保存しておく時、どのくらいの期間持ちますか?
冷暗所に保存していただければ、1年間は問題ありませんが、開封後は蓋をきちんと締めて管理し、なるべく早く使い切るようにしてください。(関連:Q6)
KW21は、防腐剤、抗菌剤を添加していませんが、pHや比重の調整、フィルター濾過、容器の殺菌等により、雑菌が繁殖し難いようにしてあります。
3. KW21は、海水に入れてから、どのくらいの期間持ちますか?
海水が無菌であれば沈殿などを生じることなく長期間の保存が出来ますが、ビタミン等栄養塩が豊富に含まれていますので、海水中に雑菌が多く存在して雑菌の繁殖を促すことになります。
従って、藻類を入れる直前に、海水にKW21を添加することをお薦めします。
4. KW21は、オートクレーブ(高圧滅菌器)に架けられますか?
オートクレーブに架けると、アミノ酸などが含まれているために沈殿を生じます。
また、含まれているビタミン類を壊すことになります。
完全滅菌が必要な場合は、フィルターを使用したろ過滅菌を行ってください。
5. KW21を海水に入れると、pHはどのくらい変化しますか?
KW21の原液は、酸性でおよそpH4です。
但し、海水に添加する時は1000倍以上に希釈されますから、海水のpHは、0.1程度下がるだけで、及ぼす影響は小さくなっています。また、珪藻培養時には、珪酸ソーダや水ガラスを入れることで海水のpHは、大きくアルカリ側に傾きます。
6. KW21の中に白い(または黒い)もやもやしたものが浮いている。KW21を注いだら、ゼリー状(どろどろした)ものが出てきた。
変質していると思われますので、まず、使用しないでください。
未開封の場合は、購入日、保管状況、ロット番号などを御連絡下さい。
新品と交換させていただきます。
開封後長期間保管されたものについては、開封後の異物混入の可能性があります。
7. KW21の色が薄いが、変質したのか?
KW21は製品の本来の飴色を発色するのに、製造から数週間を要します。
また、直射日光に当たると稀に色が褪める場合があります。この現象は、培養液に含まれる微量金属類の溶存状態の変化によって生じます。未開封製品の場合、KW21の性能に変化はありません。直射日光による褐色では、容器を暗所に移しますと、次第に元の色に戻ります。
一方、開封後に冷暗所保存していても変色した場合、Q6のように異物混入による変質が考えられますので、使用しないでください。
8. 珪藻以外の藻類の培養には、珪酸ナトリウムは必要ないのですか?
珪藻類(キートセロス、付着珪藻等)、黄金色藻類、珪酸質鞭毛藻類は、海水中の珪酸塩を取り込み、シリカの殻を形成します。そのため、珪酸塩が細胞壁形成時に欠かせず、培養時にはKW21とは別に珪酸ナトリウムか水ガラスの添加が必要です。しかし、その他の藻類については、珪素の要求性が認められていないため、KW21のみで培養することができます。

藻類培養液

お気軽にお問い合わせください。0968-62-1161受付時間 8:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。